Schedule

演奏会などのスケジュールと活動記録をご案内しています。

スケジュール

2017年06月24日(土)日本書紀レクチャーコンサート

場所:鹿児島歴史資料センター『黎明館』講堂(Tel099-222-5100 市役所バス停徒歩5分)
時間:開場PM2:00 開演PM2:30
出演:塩高和之(樂琵琶・歌) 久保順(龍笛・歌) 田中黎山(尺八・歌)
   佐藤朔芳(レクチャー)
演目:素戔嗚尊の歌 聖徳太子の歌 日本武尊の歌 枯野の琴
   啄木 静夜譜~海青楽による  他
料金:3000円
お問い合わせ】:「旋律の泉を訪ねる会」事務局Tel090-1078-9473(黒田)

2017年06月16日(金)琵琶・ヴァイオリン・Agri-cutureによるジョイントコンサート  東久留米市成美教育文化会館

場所:成美教育文化会館(東久留米)
時間:19時00分開場 19時30分開演
料金:3000円
出演:糸井マキ(ヴァイオリン) 塩高和之(琵琶) 賛助:吉岡龍之介(尺八)
演目:まろばし~尺八と琵琶の為の 風の宴~琵琶独奏曲 壇ノ浦(琵琶弾き語り)
   以上 作曲:塩高和之
   ファンタジア(G.P.Telemann) シャコンヌ(J.S.Bach)
   「虚ろな心」による変奏曲(N.Paganini) かつてアルカディアでⅡ(森本恭正)
制作:石田一志現代音楽研究所東久留米支部 
企画:森本恭正
後援:東久留米市
協力:玉川園芸
問い合わせ:03-3262-7224

2017年06月14日(水)第114回琵琶樂人倶楽部 琵琶と文学シリーズ14「源氏物語と琵琶~平家文学への影響」

shiotaka4

場所:ヴィオロン(JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩5分)
時間:19時30分開演
料金:1000円(コーヒー付)
出演:古澤月心(レクチャー 平家琵琶)塩高和之(樂琵琶) 
曲 :八坂流訪月(つきみ)
問い合わせ:オフィスオリエンタルアイズ orientaleyes40@yahoo.co.jp

2017年06月10日(土)フラメンコカーニバル カサ・デ・エスペランサ

場所:カサ・デ・エスペランサ(高円寺)
時間:20時開演
料金:4000円
出演:日野道夫(フラメンコギター)岩月香(バイレ)市川エリ(カンテ)
   ゲスト ナガッチョ(パフォーマンス)塩高和之(琵琶)
曲 :フラメンコスタンダード 風の宴 ほか
お問い合わせ:03-3313-9493(エスペランサ)0090-8432-9635

2017年05月20日(土)語りライブatきつねくぼ

<終了しました>

場所:きつねくぼ(群馬県伊勢崎市連取町1238−1)
時間:14時00分開演
料金:未定
出演:古屋和子(語り)塩高和之(樂琵琶・薩摩琵琶)
演目:勧進帳 思い知らずや~六条御息所

問い合わせ:きつねくぼ 0270-24-8545

2017年05月10日(水)第113回琵琶樂人倶楽部「薩摩琵琶と筑前琵琶聴き比べ」

<終了しました>

shiotaka4

場所:ヴィオロン(JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩5分)
時間:19時30分開演
料金:1000円(コーヒー付)
出演:塩高和之(薩摩琵琶)ゲスト 平野多美恵(筑前琵琶)
曲 :静~緋色の舞  舞扇鶴ヶ岡
問い合わせ:オフィスオリエンタルアイズ orientaleyes40@yahoo.co.jp

2017年04月27日(木)ナレッジ&カルチャーアカデミー主催レクチャー「琵琶の奏でた日本の心」 善福寺(東京麻布十番)

<終了しました>

場所:善福寺(麻布十番)
時間:18時30分開演
レクチャー:「樂琵琶 平安の響き」
曲:越天楽 啄木 嘉辰 他
パーティ:ファンタジスタドゥエ(麻布十番)https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13167230/
料金:13000円 メンバー 14000円 ビジター
(講演演奏会のみの場合  7000円 メンバー 8000円 ビジター
                    
お問い合わせ:info@jacca-jp.org

2017年04月20日(木)第8回日本橋富沢町樂琵会「琵琶と尺八の出会い」

<終了しました>

2017%e5%b9%b4%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7ss

場所:MPホール(日本橋富沢町11-7 KCIビル地下1階)
時間:19時開演
料金:1500円
出演:塩高和之(樂琵琶) ゲスト吉岡龍見(尺八) スペシャルゲスト 津村禮次郎(能舞)
曲 :まろばし~尺八と琵琶の為の 花の行方 尺八古典本曲 観音華
問い合わせ orientaleyes40@ yahoo.co.jp オフィスオリエンタルアイズ
03-3662-4701 (小堺化学工業)

拙作「まろばし~尺八と琵琶の為の」に津村禮次郎先生が客演で入ります